子ども個人にあわせた教育・自分流の自分にあった教育

三歳までの教育について

人が、物事を覚えることが一番できる期間とは、三歳までの幼い間です。
この三歳までに言葉の基礎を覚えることができます。
大人が、言葉を覚える場合には、とても時間が掛かってしまいますが、この幼児期は、様々なことを吸収することができる能力が人生の中で、もっとも高く、覚えることができます。
その為、このよう時期をうまく活用する事で、大人になってから役立てることが可能です。
特に、英会話などを習わせる親が多く、何でも直ぐに吸収することができるこの期間に英語を日本語と同様に覚えさせることができますので、うまく活用する事で、小学校や中学校で、英語を学ぶ時に、英語に対する基礎の教育を幼児期に行っているため、英語を習っていなかった方よりも、覚えやすい傾向にあります。
その為、幼児期に様々な将来を考えて、教育を行うことは、成長に繋がりますが、無理に教えるのではなく、楽しく学ぶことが重要です。
楽しく学ぶことができないと子供は、楽しくないため、興味を示さないため、覚えることができません。